か く れ ん ぼ

ゆ る り ふ わ り と つ む い で く 。

無性に世界がステキに見えた話。

自分という存在が

世界に溶けていくような不思議な感覚

味わったことありませんか?

 

今日の電車の中の出来事

阪急京都線

梅田から河原町の急行電車

 

携帯から音楽を流す。

曲は04 limited sazabys

 

インスタを開いてみる

高校の親友の投稿。

彼氏さんと1年6カ月。

出会って3年。好きになって3年。

 

知り合いの先輩の投稿。

彼女さんといよいよ結婚した話。

お似合いなカップルがお似合いな夫婦になる。

 

ああ、自分もあと3日で1年記念日。

普通なら、一緒にいることすら不思議な関係が

こんなにも長く、続いている不思議。

 

空は晴れて、綺麗な光が入ってきて

ああ、幸せだなって。

 

世界に自分が溶けていくような感覚を覚える。

 

生きてることも。

好きな人がいることも。

友達がいることも。

空が晴れていることも。

好きな音楽があることも。

 

すべてが奇跡みたいで尊くて、

こんなの当たり前じゃないんだって

永遠じゃないんだって

刹那的で悲しい意味じゃなくて

幸せで溶けていくような

体の芯に届くような不思議な感覚。

 

別に今が夢でもおかしくない。

いつ夢が冷めて、今まで全部嘘だよって言われても

そりゃそうかって笑ってしまえるくらい、

いまの世界は美しい。

 

幸せのためにこの世界は存在する。

 

きっと、すべてのものは何かしら存在する意味がある。

理由があって、そこに、ここに存在している。

 

それは誰かを傷つけるためでも、

誰かを悲しませるためでもなく、

 

幸せを交換することだったり、

幸せをだれかに与えるためだったりする気がする。

 

すべての存在が、

幸せになっていいんだよって

世界からギフトをもらって

この世界に存在している。

 

そんな気すらしてしまうくらい、

今日の世界は美しかった。

 

世界とわたしの境界がなくなって

世界に存在するすべての感覚が

自分に降り注いでいるかのようで

溶けてしまいそうなくらい。

 

今日も世界は美しい。