曖 昧 に 生 き ロ グ 。

か わ い く あ い ま い に い き ろ 。

投資するんだ。自分に。未来に。

 

 

今私自身に何がおきているか

ちゃんとどこかに書き留めておきたいと思った。

 

 

今日久々に

お医者さんにかかりました。

 

ずっと、それをすることで

自分で病人扱いするのが怖くて逃げていたけど

さすがに、そうすることが

自分にも周りにも支障をきたす気もするし

自分で投資の決断として、

選択しようとおもった。

 

 

最近のわたしに何がおきているかみたいな話。

 

ちょうど3週間前から体調を崩し始めた。

最初はめずらしく風邪を引いたなと思っていて

1週間くらい、熱と咳の状態が続いてた。

 

いまも少し咳はあるのだけど

明らかにおかしいなとおもったのが、

3週間以上毎日37度前後の微熱が続いている

 

それが、自分の睡眠不足であったり

仕事のストレスからきてるものだということは

どこか明確に感じているものはあった。

 

 

ただ、これとは別に、以前から実は

6月になったら、もう一度精神科に通おうと

決めていたことがあった。

 

理由は2つ

その上で、最近追加された理由が2つ

 

合計4つもの理由をもって、医者にかかる。

明らかに、溜めすぎだなあとは思うので

すいませんという感じだけど。

 

 

私がもう一度お医者さんにいく理由4つ。

 

 

もう、どう見られるかとか、

自分が自分をどうとらえるかとか

そういう不安は置いておいて、

ぶっちゃけ話で描いてみようと思うね。

(という前置きだけで、

  すでにビビっているけど。)

 

 

①ボーダーラインのカウンセリングを受け直す。

 自分は、境界性人格障害を診断されている。

 それのカウンセリングが続かず、

    やめたり、悪化して病院沙汰になったり。

 今は表立った症状は落ち着いてるから、とか

 みんなから、「もう大丈夫だよ、まきは」

    という言葉で逆に怖くなったりして

 無視し続けて来た部分。

 とはいえ、思考の極端さ、

    大切な人を大切にできない歯がゆさ。

 それが自分の虚無感も、相手との信頼関係も

    作りにくくしている自覚がある。

 

摂食障害に取り組むってことをしてみたい。

 中3から摂食障害を持っていた。

 でも、ボーダーの一つの自傷行為として

    片付けていたところもあるし、

 それだけにスポットをあてて、

    直そうとしたことはなかった。

 でも、結局ボーダーの症状が

    表に出なくなった今でも続けてしまっている。

 気分の浮き沈みにともなってくる、

    過食衝動や、嘔吐衝動。

 普通のご飯を食べる感覚だったり、

    適度な量がわからないこと。

    自分の体系を含めた歪みに対する怖さから

 吐くのを定期的にしな苦なった代わりに、

    去年の夏から始めてしまった下剤。

 今でも、結局表に出ていないだけで

    何も変わってないのだ。

    胃袋を心に満たして虚無感を埋める行為。

 

ここ二つが、6月から

もう一度通おうと思っていた理由。

 

ADHDの検査をしてもらおうかと思い始めた。

 自分のなかで、焦れば焦るほど、

 追い込まれれば追い込まれるほど、

 注意散漫さであったり、

    思考の整理ができなくなったり、

 優先順位をつけれなくなったり、

    忘れることが極端に増える。

 周りに対するもうしわけなさや、

 自分が働いていてはいけない理由になって

    心の枷になる。

 名前をもらったところで

    じゃあ何になるなんてわからないけど、

 すこしでも、そこを枷を

     軽くできる方法があるのなら、

    心の起伏の起きる根本に触れられるかも

 という期待もある。

 

④とはいえ顕著になりはじめている、心身の不調

 ストレスのかかったときに

    でる症状が顕著になった。

 頭痛、めまい、発熱、

    それにともなった睡眠への逃避

 びっくりするほど、

    集中もできなければ、思考もできず、

 物理的にも、精神的にも

    身動きが取れなくなって、

 1日、何もできなくなってしまう日がある。

 2、3週間に1度〜1ヶ月に1度は必ずある。

 そしてそれがいつ起こるか

    分からない状況がここ3週間。

 

 

こんな感じで、ここまで揃って来たら、

まあ、行ってこうという感じだったりする。

 

 

 

昨日、自分は、

一度それがきてしまったのか

まったく1日本当に誰にも連絡を取れず

布団からもでられず、1日を終えた。

夜に布団から出て来てしたのは、

過食嘔吐だった。医者に行こうと決めた。

 

 

会社の人や、周りから、

大丈夫か? っていう

メールがたくさん来た。

全部スクショした。

そして、泣きながら仕事をした。

 

なんも連絡出来てない私を

怒るでもなく疑うでもなく

心配してくれる友人や職場の人に

ただひたすらに安心感と申し訳なさが溢れた

 

自分が、根をあげたら、

そのぶん、今しんどさを同じくらい

感じているかもしれない

上の人も、下の人も、報われない。

私1人が逃げるなんてできない。

 

それよか、その人たちを救えなかったと

嘆いて、しんどくなっているのに、

それなら、自分がその分その人たちの

フォローをしていく他ないのだ。

 

でも、わたしがこうして動けなくなることは、

私がフォローするのではなく、

フォローされなきゃいけないくなるということ。

周りの負担を増やしてしまって、

そして、また自分がしんどくなること。

 

それだけはしたくない。

仕事を手放す気もないし、

フォローしてもらう気もない。

弱音を吐くなんてしたくないし、

大丈夫にしていかなきゃいけないと思う。

 

 

そのために、投資する。

今からの自分に。

 

 

病院は、逃げでも、言い訳作りでもなく、

攻めであり、

みんなを守るための自分作りであり、

つよくなるためのものなんだと思って、

行きたい。

そうでありたい。