曖 昧 に 生 き ロ グ 。

か わ い く あ い ま い に い き ろ 。

怖がりながら生きている。

 

自分はだれかの一番になんてなれない

自分はどうせいつか見捨てられる

自分が好きな人からは愛されない

 

そんな風な怖さを

持ちながらいきてきたと思う。

今もその怖さはある。

 

だから、仲良い人が

自分以外の人と仲良くしているのをみると

自分はもう必要とされないんじゃないか

なんておもって、妬いたり、自棄になったりするし、

 

いろんなものを与え過ぎてしまって

しかも与えるの先に

だからそのぶんも私をかまってね

がついて回ったりしている。

 

 

そんなわたしを

かまってちゃんやなっていってくれたり

そんなところも可愛いと思えるよと

言ってくれる友人たちに救われているものの

 

どうせその人たちの特別にはなれないのでは

って、私が疑ってしまったりするもんだから

失礼なことをしているなと思う。

 

 

こんだけ一緒にいてくれてる人たちに

なんてこというんだ、って感じ。

でも、不安で不安で仕方ない。

 

 

ただ、今までの過去の自分は、

だから、怖いから深い関係を持つことをやめよう と

広く浅く、誰にも中には入れまいと

大切だと思ってしまったら、不安になるからと

人と関係性を作ることを拒んできたけど、

 

最近はそれでも

怖いけど怖いなりに

怖いのは本当はそういう人がほしいからだもんね と

諦めて、怖い怖い言いながら

結局大切な人をみつけてしまうし

大切で大好きだと言い過ぎてしまうし

大切にされてないかもさみしいと言ってしまうし

 

でも、引きこもらなくなった

閉ざさなくなった。

 

がんばってるなぁ。わたし。笑

 

 

よしよし、可愛い生き方してるぞ。笑

 

 

しんどいやろうけどな。

それがわたしだもんな。

 

 

私は大切にされたいという欲求が強いかもしれない。

でもだからこそ、

私にとっても特別な人たちが少なからずちゃんといて、

その人たちを特別だと思いたい気持ちも人一倍強い。

 

だから、それがその人たちが

望んでいるよりおおきすぎて

引かれないかとびびったりしているけど、

 

それでも私ができることって

大好きなんだーって伝えることしかないし

不器用だけどそれでいいかそれでいいかなと。